インプラント治療で快適な生活を。北浦和の歯医者「よしはら歯科クリニック」

インプラント治療

インプラント治療で快適な毎日を

歯を失った際の治療法として、入れ歯やブリッジに変わる方法として最近話題の「インプラント治療」。天然の歯と見間違えるほど自然で美しい見た目、まるで自分の歯のような快適な使い心地から、多くの患者様からお問い合わせをいただくようになりました。北浦和の歯医者「よしはら歯科クリニック」では、高度な技術を持った専門医が安全なインプラント治療を行っております。

「自分の歯」のように噛める

「自分の歯」のように噛める

インプラント治療は、土台となるチタン製の人工歯根を歯を失った顎の骨に埋め込み、セラミックなどの人工歯を被せることで歯の機能回復を行う治療法です。見た目が自然で噛み心地も「自分の歯」とほとんど変わらず、固いものもしっかりと噛むことができます。

しかし、インプラントは外科的手術を必要とするため、患者様の心身・金銭面で負担がかかってしまう治療法でもあります。当クリニックでは、高度な技術と最新の機器を導入し、患者様に最適な治療をご提案しています。顎の骨の状態などにより、治療を行えない場合もありますので、まずはお気軽にご相談ください。

インプラント治療の流れ

よしはら歯科クリニックのインプラント治療の流れをご紹介します。

STEP1
ドリリング
(手術1回目)
STEP1 ドリリング(手術1回目)
歯ぐきを切り開き、人工歯根を埋め込むために、専用のドリルを使用して顎の骨に穴を開けます。
STEP2
インプラント
を埋め込む
STEP2 インプラントを埋め込む
人工歯根を穴に埋め込みます。
※症例によってはこのままアバットメントを装着する場合があります。
STEP3
治癒するまで
待ちます
STEP3 治癒するまで待ちます
人工歯根の頭を、歯ぐきで覆い縫合します。その後、チタン製の人工歯根が顎の骨に結合し、傷口が治るまで期間をあけます。
STEP4
アバットメント装着
(手術2回目)
STEP4 アバットメント装着(手術2回目)
歯ぐきを再び切開し、人工歯根の頭部に人工歯と連結するためのアバットメントを装着します
STEP5
人工歯
を付ける
STEP5人工歯を付ける
アバットメントに人工歯を装着し、これでインプラント治療の完了です。

トラブルのないインプラント治療を行うために

インプラントは、高度な技術を必要とする治療法です。顎の骨に人工歯根を埋め込む際に正確な位置、角度に埋入しなければ、神経や血管を傷つけてしまったり、腫れや神経麻痺といったトラブルを引き起こしたりしてしまいます。当クリニックでは、ドクターの技術はもちろんのこと、それをサポートする精密な機器や手法を採用し、トラブルのない安全なインプラント治療を行っております。

専用の歯科用CTで精密な診断が可能

専用の歯科用CTで精密な診断が可能

当クリニックでは、細部まで診断することができる歯科専用のCTを導入しています。歯科用CTを使えばレントゲンでは確認することができない、顎の骨の厚みや血管・神経の位置まで3次元画像で正確に映し出すことが可能です。詳細なデータによって何度もシミュレーションを行い、トラブルのない精密な治療プランを患者様へご説明します。

《最短5分。インプラント治療をより身近に》

《最短5分。インプラント治療をより身近に》

「顎の骨に穴をあける」、「歯ぐきを切開する」など、手術内容を見ると不安になられる方も多いのではないでしょうか。しかし、実際のインプラント治療はイメージより、ずっとスピーディーで負担の少ないものなのです。

当クリニックでは、東京医科歯科大学で口腔外科外来に勤務する専門医師によるインプラント手術を担当しています。手術時間は従来に比べて短くなり、最短5分で終わることも。もちろん日帰りで受けられ、術後もほとんど痛みなどなく普通の生活が送れます。

インプラント体験者の声

Aさん 40代 会社員

Aさん 40代 会社員

私は、3年ほど前に奥歯の抜けたところを他の歯医者さんで取り外しの入れ歯にしていました。最初は入れ歯という響きに違和感があったのですが、インプラントほど費用をかけるのもどうかと思って、とりあえずの治療を選びました。案の定、作った部分入れ歯は、周りの歯やはぐきに力がかかって痛みがあり、1週間で使わなくなりました。その時は、「周りの歯が倒れてきて取り返しがつかなくなるから寝ている時だけ、防止だと思ってつけてください」と言われたのですが、だんだん入れ歯自体も合わなくなり、まったく使わなくなりました。

Aさん 40代 会社員

2年ほどして、肩こりや頭痛もあったので、噛み合せのことを相談できるということで、知人からよしはら歯科さんを紹介されました。吉原先生は、その奥歯だけでなく、全体の噛み合せをよくすることを前提に、いくつかのプランを提示していただき、一番良い方法がインプラントと予防だということがよく解りました。そこで、せっかくなら長く安心して使えるインプラントを選びました。色々とインターネットで、他のインプラントも調べてみると価格的には安いとこも沢山ありましたが執刀する先生や、その後の予防や管理に不安を感じたこともあり、そのままここで、医科歯科大学の藤森先生に手術をして頂きました。

Aさん 40代 会社員

手術ということで、さすがに不安はありましたが、正直拍子抜けでした。日曜日の13時に予約でしたが、14時にはもう北浦和駅で帰りの電車に乗っていました。たぶん、実際に手術している時間は10分くらいだったと思います。もちろん、痛みは何もなく、普通の虫歯の治療でドキドキしながら受けるものよりも簡単であっという間に終わった印象です。よく「骨に穴をあけるから怖い」とか聞いていたのですが、たぶん歯を抜くよりも負担がないように思いました。

Aさん 40代 会社員

麻酔が切れたらしばらくズキズキしたり・・ということも覚悟をしていましたが、それも全くなく抗生物質を飲んでいただけで、痛み止めは飲みませんでした。翌日から、普通に食事もでき、違和感もほとんどなく、しっかりインプラントがくっついているようで、自分がインプラントの手術をしたことが信じられないような気分でした。

Aさん 40代 会社員

そういえば最初に、「藤森先生は、できるだけ患者さんに負担を掛けないようにスピーディーに最適なオペできる、日本でも有数の先生ですよ」と言われていたことを思い出しました。なんだか、藤森先生マジック!にかかったようです。
たぶん、私のように、イメージでインプラントを敬遠されている方も多いと思います。私も実際そうでした。しかし、これだけ普及している治療ですから、トップクラスの先生に執刀してもらえば何も恐れるような治療ではないのかなと思いました。

入れ歯で苦労している方、迷っている方にとって、体験者として何かお役に立てることができれば幸いです。

Aさん 40代 会社員

これからは、しっかり予防して「今の状態」を維持できるように頑張りたいと思います。吉原先生、藤森先生、本当にありがとうございます。 名コンビで、もっと沢山の方をお口の健康から幸せにしてください。